• 東金Jrフットサルスクール

    元プロ選手でライセンスを持ったコーチが直接丁寧に指導致します。

    「考える力を育てる」RAD futsal projectの指導を、この機会に是非、体験してみてください。

    コーチ紹介

    鳥丸太作さん

    日本フットサルの最高峰「Fリーグ」のバルドラール浦安で活躍。

    現在では各地でフットサルクリニックを展開し、フットサルの普及・楽しさを伝える人気コーチです。

     

    サッカー歴

    ・FC東京U-18 ・明治大学体育サッカー部

    ・2007:フウガすみだ

    ・2008~2009:ステラミーゴいわて花巻

    ・2009~2015:バルドラール浦安

     

    ライセンス:JFA公認サッカー

    フットサル指導者C級

    指導歴:バルドラール浦安デフィオ

     

    「フットサルはボールを触る時間が長いのでボールコントロールはもちろん、判断する場面が多いので考えることが自然と身につきます。

     子供の育成にとって大事なものがたくさん含まれています。

    スクールに入ってフットサルに触れ、一緒に“考えるチカラ”を伸ばしましょう!」

     

    公式サイト:ラッドフットサルプロジェクト

  • 平成30年度第二期概要

    フットサルで考えるチカラとフットボール技術を磨こう!

    ボールにたくさん触れる機会のあるフットサルは、技術 アップはもちろん、狭いスペースなので素早く正確な判断 が必要です。またローバウンドボールのため、コントロー ルが簡単なので周りをみる力と習慣がつきます。 フット ボール技術と一緒に“自分で考えるチカラ”を成長させま しょう!

    開催期間

    (平成30年度) 

     

    第2期

    9月11日、18日、25日

    10月9日、16日、23日

    11月6日、13日、20日

    12月4日、11日

     

    9月11日は無料体験会となります。(参加者募集中!!)

    クラス

    ビギナー(U-7) 定員:15名

    15:45~16:35

     

    レギュラー(U-9) 定員:20名

    16:40~17:40

     

    セレクト(U-12) 定員:20名

    17:45~18:55

     

    費用

    入会費 :3,000円(税込)※当クラブ主催フットサルスクール初回参加者のみ

     

    参加費: ビギナー1回1,200円、レギュラー、セレクト1回1,500円

     

    保険料: 800円(年間)

     

    支払方法 :月回数別による月額払いとなります。支払日前週に月会費袋をお渡しします。

     

    場所

    東金アリーナ

    千葉県東金市掘上1361-1

     

    お問い合わせ先

    080ー3453−3398

    info@hc-sports.or.jp

     

    スクールコンセプト

    フットサルをプレーする上で必要な 「技術」「戦術」 「体力」 などの『フットボールが上手くなるためのスキ ル』の向上を促し、 目標に向かって一生懸命努力する選 手をサポートすることで本気でフット ボールに取り組め る選手の育成を目指します!

     

    本気で取り組むことでフットボールの本当の楽しさや壁 を越える楽しさを知 り、チームスポーツに欠かせない、 ひいては日常や一般社会でも役立つ 「コミュニケーショ ン能力」「課題解決力」「協調性」「生活習慣」「道徳 心・礼儀・マナー」 などの力が備わり、人間力の向上に つながると考えています。

     

    フットボールを本気で取り組むことが人間的な総合力が 備わった選手、人間 の育成となるはずです。

    当スクールではフットサルを通してサッカー、フットサ ルの幹、またたくま しく生きる力の幹作りをサポートし ます。

     

    (1)フットサルはサッカーの6倍ものボールに触れる機 会がある!

    神経系の発達期間と言われ、細かい技術を身に着ける最高 の時期『ゴールデンエイジ』の小学生年代だからこそフッ トサル!

     

    (2)サッカーに比べてフットサルはピッチのサイズが約9分の1、人口密度約4倍!

    ピッチのサイズが狭いことで、相手との距離は必然的に近 くなる...つまり、 ・プレッシャーが強いため、技術の精密度や、戦術の緻密 度向上が求められる ・「戦術的行動プロセス」と呼ばれるPAD+Eサイクルの 速さが求められ、頭の回転やプレーのスピードが身に付く ・戦術のカギとなる『スペース』と『時間』を「いつ」 「どこで」「誰が」「どちらに」「どうやって」 ”創る” ” 埋める” ”利用する”のか、という『時空間認知能力』をよ り養うことができる ・ゴール前での攻防が増え、「ゴールを決める」「ゴール を守る」という、一番大切な局面をプレーする機会が増え る

     

    (3)ゴールが小さい

    シュートの精度や、工夫が求められる(GKをかわす、 ループシュートなど)

     

    (4)世界的スーパースターもフットサル出身

    スペインやブラジルなどの強豪国はフットサルからフッ トボール人生をスタートさせ、中学生年代でフットサル かサッカーを選択していくという事実。 メッシ、ネイマール、ロナウド、イニエスタなど世界的 なスーパースターはフットサル出身と言える。

     

    (5)攻守の切り替えが激しい 

    目まぐるしく攻守が切り替わるため運動量も多く、体力 の向上に期待できる

     

    (6)ボールコントロールがしやすい 

    ローバウンドボールのため、コントロールが簡単なので、 周りを見る力と習慣を獲得できる

     

    (7)1対1に強くなる

    サッカーと比べると少人数のため、1対1の場面も多く、 ボールを奪い合う力が向上するを追加する

     

    PAD+Eプロセスを重視したカリキュラム

     

    当スクールでは、スペインでは当たり前の「PAD+E」 プロセスを重視して指導を行います。

     

    「PAD+E(パッ ド プラス イー)」とは


    P : PERCEPCIÓN(認識)

    A : ANALISIS(分析)

    D : DECISIÓN(決断)

    E : EJECCIÓN(実行)

     

    というサイクルのこと。 自分で見て、その情報の中から最適なものを考えて選び、自分で決めて、アクションを起こすというプロセスを経てプレーすることを促すことで、良い選手を作り出すことが出来ると言われています。 試合で使える本物の技術を持った選手育成を目指します。
All Posts
×